« MyMailⅤの「Gmailかんたん設定」 | トップページ | ニュース閲覧ソフト「新聞快館」 »

2017年9月15日 (金)

遠隔サポートソフトウェア:TeamViewer

TeamViewerというソフトウェアは、ネットワーク上のほかのパソコンを操作したり、ファイル転送を行ったりできる遠隔サポートソフトウェアです。

サポートする側がサポートを受ける側のパソコン画面を見ながらトラブルシューティングを行ったり操作方法の説明をしたりするといった使い方ができます。

個人で非商用の場合に限り無償で利用できます。

サポートを受ける側は、インストールすることなく、ダウンロードした「TeamViewerQS.exe(QuickSupport)」を起動して、「遠隔操作を受ける許可」欄に表示されている IDとパスワードをサポートする側の人に伝えます。

サポートをする側では、「パートナーID」欄に、接続先のIDを入力し、「リモートコントロール」にチェックを入れて、「パートナーに接続」ボタンをクリックします(IDは、3ケタごとに半角スペースを空けなくてもOKです)。
次に、パスワード認証ダイアログが表示されるので、接続先のパスワードを入力して「ログオン」ボタンをクリックします。
すると、「TeamViewer」専用の画面が立ち上がり、この中に接続先のパソコンのデスクトップが表示されます。 

なお、「遠隔操作を受ける許可」欄に表示されるIDは、固定ですが、パスワードはTeamViewerを起動するたびに違うパスワードが割り当てられます。

★入手先:
1.TeamViewer ? リモートサポート、リモートアクセス、オンラインコラボレーション、オンラインミーティング
2.TeamViewerをダウンロード(Windows版)
3.QuickSupportのダウンロード(Windows版)

実際、画面読み上げソフトを利用してパソコンを操作している「アイネット世田谷」の会員の方がスリランカに滞在中、東京在住のサポーターの方に TeamViewer を利用してサポートを受け、画面読み上げソフトだけでは難しかったパソコンの設定が無事行えたということがありました。

« MyMailⅤの「Gmailかんたん設定」 | トップページ | ニュース閲覧ソフト「新聞快館」 »

Windowsソフトウェア」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。