« きけるおしながき「ユーメニュー」 | トップページ | GoogleのAIスピーカー Google Homeの使用レポート »

2018年3月18日 (日)

【PC-Talkerユーザ向け】Excel2016セル編集時のセル内データの読み上げ

Excel2016で、セルに入力されている文字列・数値・関数などを編集する場合には、そのセルにカーソルを合わせて F2 キー(ファンクションキー 2)を押して、編集モードに移行するのですが、編集モードでは、カーソルを移動しても、セル内の文字列・数値・関数などのデータを読み上げない場合があります。


そのような場合には、PC-Talker付属で、Excelに組み込まれている「KSDオフィスメニュー」を利用すると読み上げるように設定できます。


操作の手順は以下の通りです。


【操作手順】


1.Excel2016を開きます。

※「オフィス スタート画面」が表示された場合は、ESC キー(エスケープキー)を押してExcel ブックを表示させます。


2.Alt キーを押してから左右矢印キーを押して、「メニュー(KSDオフィスメニュー)」という項目でEnterキーを押します。


3.Tab キーを押していき、「読み」でEnter キーを押します。


4.Tab キーで「読み上げ設定」に移動して Enterキーを押して、「読み上げ設定」のオプションウィンドウを開きます。


5.「読み上げ設定」のオプションウィンドウが開いたら、上下矢印キーで「編集」という項目にカーソルを合わせます(Enterキーは押さないでください)。


6.Tab キーを押して「F2のセル編集でテキストエディットを使用する」の項目に移動し、チェックマークを付けます。


7.Tab キーを押して行って、「設定」という項目で Enterキーを押します。


以上で設定終了です。


文字列・数値・関数などが入力済みの任意のセルにカーソルを合わせ、F2 キー(ファンクションキー 2)を押して編集モードに移行し、カーソル移動に伴って、セル内の文字列・数値・関数といったデータが読み上げられることをご確認ください。


« きけるおしながき「ユーメニュー」 | トップページ | GoogleのAIスピーカー Google Homeの使用レポート »

Windowsソフトウェア」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。