« Windows 10 のファイル管理ソフト:エクスプローラー | トップページ | ボイスオーバーでのLINEメッセージの消し方と送信の取り消し方法 »

2018年10月26日 (金)

iPad/iPhoneの連絡先をExcelに変換する/Excelから取り込むアプリ:「SA連絡先Lite」

SA 連絡先 Lite」というのは、iPad/iPhoneの連絡先をExcelに変換してパソコンに取り出したり、逆にExcelファイルを連絡先に設定することができる無料のアプリです。

連絡先をExcelファイルにエクスポートする

iPad/iPhoneで「SA 連絡先 Lite」を起動すると、画面の下部に「エクスポート」、「インポート」、「設定」というメニューが並んでいます。

「エクスポート」というメニューが選ばれていることを確認します。

「連絡先を選択する」という欄で、どの単位でエクスポートするかを指定します。 

通常は「電話帳全体」を選びます。

「項目形式」の乱では、「単独データ」が一番出力されるデータが多く、次いで「バックアップ」、「複数データ混在」となります。

他に、「Outlook形式」、「Gmail形式」といったものも選べますが、通常は「単独データ」を選べばよいでしょう。

選択を終えたら「スタート」をタップします。

iPad/iPhoneからパソコンにデータを取り出す方法を選択する画面になります。

「USB」ではiTunesを使って、「WiFi」ではブラウザを使って、「メール」ではEメールの添付ファイルとして、取り出すことができます。

「もっと」メニューを選ぶとDropbox、Microsoft OneDrive、Google Drive、Box、iCloud Driveなどのオンラインストレージに保存することができます。

残念ながら、iTunesとPC-Talkerの愛称はあまり良くなく、iTunesをPC-Talkerの音声のみを頼りに操作するのはそれほど容易ではありません。

そこでここでは、

  1. ブラウザを使ってExcelファイルを取り出す方法
  2. Eメールの添付ファイルとして取り出す方法

について説明します。

1.ブラウザを使ってExcelファイルを取り出す方法

「WiFi」を選ぶと、ブラウザを使ってExcelファイルを取り出すことができます。

「WiFi」を選ぶと、

http://192.168.x.x:xxxx

という、プライベートIPアドレスが表示されます。

パソコンで、NetReader などのブラウザを立ち上げて、上記の」プライベートIPアドレス」を開くと、

SA Contacts Liteが生成した電話帳のzipファイルをダウンロードするには、次のリンクをクリックして下さい。

という案内があり、パソコンの画面上にExcel ファイル名が表示されます。

連絡先のデータに写真等の画像データが含まれていない場合は、連絡先のExcelデータのみが拡張子.xlsというファイル名で表示されます。

これは、Excel ファイルへのリンクとなっているので、このファイル名にカーソルを合わせて Enter キーを押すと、このファイルをダウンロードしてパソコンに保存することができます。

このとき、パソコンとiPad/iPhoneが同一のWiFi ネットワーク環境にあることが必要です。

★ダウンロードしたExcelファイルについて

ダウンロードしたExcelファイルは、「保護モード」で開かれていて、編集を受け付けない状態になっています。


Excelファイルを編集するためには、以下のような手順を行って、編集を「有効」にします。


  1. Altキーを押す。
  2. Ctrlキーを押しながらTabキーを押す。
  3. Tabキーを押していくと、「編集を有効にする」というボタンがあるのでEnterキーを押す。

2.Eメールの添付ファイルとして取り出す方法

「メール」を選ぶと、Eメールの添付ファイルとしてExcelファイルを取り出すことができます。


「メール」を選ぶと、Eメールの送信画面が開きますので、メールの宛先を入力してメールを送信します。


メールの件名、本文は入力済みになっています。

連絡先のExcelデータは、添付ファイルとして自動的に送信されます。

【Excelファイルを連絡先にインポートする】

画面の下部の「インポート」というメニューを実行し、「電話帳をインポート」という画面を開きます。


「電話帳をインポート」という画面には、「USB」、「WiFi」、「もっと」というボタンがあります。


「もっと」というボタンを開くと、Dropbox、OneDribeなどといった各種オンラインストレージを利用するための方法が示してあります。


ここでは、WiFiを利用し、ブラウザを使ってExcelファイルをインポートする方法を説明します。


「WiFi」を選ぶと、

http://192.168.x.x:xxxx

という、プライベートIPアドレスが表示されます。


パソコンで、NetReader などのブラウザを立ち上げて、上記の」プライベートIPアドレス」を開きます。


すると、

ZIP、CSV、VCFやExcelファイルを選択し、[インポート]ボタンを押して下さい。

と案内されますので、

「ファイル選択」のリンクから、インポートしたいExcelファイルを指定し、インポートを実行します。


この時、パソコンとiPad/iPhoneが同一のWiFiネットワーク環境にある必要があります。


「SA 連絡先 Lite」の画面には、インポートされたファイルの中身が表示されています。


問題がなければ画面右上の「インポート」をタップします。


次の画面でも「インポート」をタップします。


最後に、「電話帳をインポート」という画面で「完了」をタップすれば電話帳のインポートは終了です。

【インポートの際の「設定」項目】

1.特定の人の携帯番号・メールアドレスを変更した場合

画面下部の「設定」メニューを開き、「インポート」の項目の

重複データ検出 氏名

重複の対処方法 上書きする

に設定します。


2.連絡先データを大幅に修正した場合

画面下部の「設定」メニューを開き、「インポート」の項目の「iPad/iPhoneの電話帳を消去」の項目を ON にします。

« Windows 10 のファイル管理ソフト:エクスプローラー | トップページ | ボイスオーバーでのLINEメッセージの消し方と送信の取り消し方法 »

iOSアプリ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。