« 視覚障害者の概要 | トップページ | ニュース閲覧ソフト「新聞快館」が「きけるおしながきユーメニュー」の閲覧に対応 »

2019年5月15日 (水)

Skypeなどのインターネット通話をはじめると他の音の音量を小さくするWindowsの機能について

Windowsには、Skypeなどのインターネット通話をはじめると、通話を優先するためだと思いますが、他の音の音量を小さくする機能があります。

そのため、Skypeなどを利用したインターネット通話中では、PC-Talkerの音声が良く聞き取れずに操作がしにくくなる場合があります。

この機能がはたらかないように設定することで、Skypeなどを利用したインターネット通話中でもPC-Talkerの音量が小さくならないようにできます。

設定手順は以下の通りです。

  1. 「マイスタートメニュー」→「設定」→「コントロールパネル」と開きます。
  2. コントロールパネルの中の「サウンド」という項目を開きます。
  3. 「サウンド」のウィンドウが開くので、 Ctrl + Tab を押していって、「通信」のタブに移動します。
  4. 「Windows が通信アクティビティを検出したとき」というラジオボタンが表示されます。
  5. 表示されるラジオボタンの項目は、以下の4項目です。
    1. 他のすべてのサウンドをミュートする
    2. 他のすべてのサウンドの音量を 80% 下げる
    3. 他のすべてのサウンドの音量を 50% 下げる
    4. 何もしない
  6. 上下矢印キーで、「何もしない」にカーソルを合わせます。
  7. Tabキーを押していって「OK」ボタンでEnterキーを押します。

以上で設定終了です。

 

 

« 視覚障害者の概要 | トップページ | ニュース閲覧ソフト「新聞快館」が「きけるおしながきユーメニュー」の閲覧に対応 »

Windowsソフトウェア」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。