« iPhoneやiPadでGoogleレンズを使う | トップページ | Zoomによるリモートサポート »

2020年5月12日 (火)

ビデオ会議で利用する Zoomアプリ/ソフトウェアのバージョンの確認と最新版へのアップデート方法

ビデオ会議用のZoomアプリ/ソフトウェアは、頻繁にアップデートされています。


セキュリティの強化、機能、サービスなどもどんどん進化しています。


ですので、常に最新版のZoomアプリ/ソフトウェアを利用するようにしましょう。


ここでは、現在利用しているZoomアプリ/ソフトウェアのバージョンの確認方法とアップデートの方法について説明します。


これらの方法は、利用している機器(iPhone/iPadを利用しているのか、Windowsパソコンを利用しているのか)により異なります。


また、サインインして利用しているのか、サインインせずに利用しているのかによっても異なります。


以下、それぞれの場合に分けて説明していきます。


iPhone/iPadを利用している場合


Zoomアプリをサインインして利用している場合でも、サインインせずに利用している場合でも、Zoomアプリを最新版にアップデートするには、以下の手順で行います。



  1. 「ZOOM Cloud Mettings」アプリのページを開きます。
  2. 「アップデート」ボタンが表示されている場合は、「アップデート」ボタンをダブルタップすると、現在利用しているZoomアプリのアップデートが始まります。
  3. 「アップデート」ボタンではなく、「開く」ボタンが表示されている場合には、現在利用中のZoomアプリは最新版です。

なお、Zoomアプリのバージョンの確認は、Zoomにサインインしていないとできません。


サインインした状態で、Zoomアプリのバージョンの確認は、以下の手順で行います。



  1. 「Zoom」を起動します。
  2. 画面最下行の右端の「設定」タブをダブルタップします。
  3. 「詳細情報」という項目をダブルタップします。
  4. Version x.x.x(xは数字) というように、現在使用中のZoomのバージョンが読み上げられます。

Windowsを利用している場合


Zoomにサインインして利用している場合


  1. 「マイスタートメニュー」→「すべてのプログラム」→「Zoom」と開き、「Start Zoom」でEnterキーを押し、Zoomを起動します。
  2. Tabキーを押していって、「検索」という項目の次の項目、「ユーザーアイコン」でEnterキーを押します。
  3. 下矢印キーを押していって、「アップデートを確認」という項目でEnterキーを押します。
  4. Tabキーを押して「更新可能!」というメッセージがあれば、最新版に更新が可能です。
  5. Tabキーを押していくと、「新バージョンx.x.xxxxx.xxxxが利用可能です。現在利用しているのはx.x.xです。」というメッセージに続き、「更新」というボタンが現れます。
  6. 「更新」というボタンでEnterキーを押すと更新が始まり、しばらく待つとZoomが自動的に再起動して、アップデートが完了します。 

Zoomにサインインせずに利用している場合

Zoomに再インせずに利用している場合には、Zoomのソフトウェアいからは、Zoomソフトウェアのバージョンの確認や最新版へのアップデートはできません。


最新版へアップデートするには、以下の手順で、Zoomソフトウェアを再度ダウンロードしてインストールします。



1.Zoomをダウンロードというリンクを開き、

最初にZoomミーティングを開始または参加されるときに、ウェブブラウザのクライアントが自動的にダウンロードされます。ここから手動でダウンロードすることもできます。

という文章の次にある、ダウンロードというリンクを開きます。
2.警告音が出ますが、それにかまわず、Tabキーを押していって「実行」というところでEnterキーを押します。
3.ユーザーアカウント制御というメッセージが出ますので、左矢印キーを押して「はいの 確認」という項目でEnterキーを押します。
4.これでインストールが開始されます。
5.インストールが終了しても、音声が聞こえません。1分程度経ったのち、Tabキーを押して「ミーティングに参加」とか「サインイン」というボタンがあったらインストールは完了しています。
6.インストールが完了すると、Zoomのソフトウェアが自動的に起動しています。

Alt + F4

でZoomのソフトウェアを終了します。

以上で、最新版へのアップデートは終了です。


« iPhoneやiPadでGoogleレンズを使う | トップページ | Zoomによるリモートサポート »

Windowsソフトウェア」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。