« パソコンでZoomミーティングを開催する:Zoomアカウントの登録とサインイン | トップページ | Zoomディスクトップアプリケーションでの参加者の管理 »

2020年9月 9日 (水)

参加者とホストの画面共有

ここでは、

"The Carroll Center for the Blind"のAccessibility Services Associateである、Heather Thomas氏の著作Getting Started with Zoom Meetings: A Guide for JAWS, NVDA, and iPhone VoiceOver Usersの【Chapter 4: Screen Sharing for Participants and Hosts】

を参考に、画面読み上げソフトを併用した、「Zoomミーティングの利用方法」について概観していきます。

目次



  1. Zoomデスクトップアプリを使用した画面の共有
  2. Zoomデスクトップアプリで画面の共有を停止する

Zoomデスクトップアプリを使用した画面の共有


現在の既定の設定では、ホストと参加者の両方が画面を共有できます。一度に一人の参加者を共有できます。


参加者がすでに画面を共有している場合、ホストだけが新しい画面共有を開始できます。この場合、ホストは「他のユーザーの画面共有を停止しますが、続行しますか」というダイアログボックスが表示されます。「はい」ボタンでEnterキーを押すと、参加者の画面共有が終了し、ホストの共有画面がすべての参加者に表示されます。


ホストは、参加者が自分の画面を共有するのを制限することができます。画面共有に関連する各設定項目は、ミーティングホストのみが利用できます。


WordやPowerPointファイルなどのドキュメントをホストと参加者で視覚的に共有できます。画面共有を視覚的に共有できる他のクラウド会議プラットフォームと同様に、視覚障害者は、ホストまたは他の参加者が共有しているファイルにアクセスできません。


ミーティングで主催者または参加者が画面を共有し、ドキュメントを参照することが予想される場合には、ミーティングの前にこれらのファイルを予め、電子メールで送信してもらっておいてください。


Zoomでは、画面共有中に音声ソフトのコンピュータ音声を共有できます。



  1. 画面を共有するには、Alt キーを押しながら S キーを押します。これにより、「共有するウィンドウまたはアプリケーション」を選択するダイアログが表示されます。規定では「ベーシック(基本)」タブが選択されます。
  2. Tabキーを押していくと「画面、画面全体を共有」と案内されます。画面全体を共有する場合は、開いているウィンドウやデスクトップ上にプライベートなものがないことを確認してください。なお、右矢印キーと左矢印キーを使用して、共有する単一のウィンドウまたはアプリケーションを選択して共有することもできます。
  3. Tabキーを押すと、「コンピューターの音声を共有」というチェックボックスに移動します。音声ソフトを使ってデモを行う場合や、他のサウンドを共有する場合は、Spaceキーを押してこのチェックボックスをオンにします。
  4. Tabキーを押して、「全画面ビデオ クリップ用に最適化」というチェックボックスに移動します。画面共有中に動画を再生する場合は、最高の視聴体験を得ることができるように、このチェックボックスをオンにすることをおすすめします。ビデオを表示しない場合は、このチェックボックスをオフにすることを推奨します。
  5. Tabキーを押して「画面を共有」ボタンでEnterキーを押すと、画面共有が開始されます。

目次に戻る

Zoomデスクトップアプリで画面の共有を停止する



  1. Alt + Tab キーを押して、「Zoomミーティングウィンドウ」に切り替えるか、Ctrl + Alt + Shift キーを押して、直接Zoomミーティングウィンドウ」を表示します。
  2. Alt + S キーを押して「共有を停止」します。

目次に戻る

« パソコンでZoomミーティングを開催する:Zoomアカウントの登録とサインイン | トップページ | Zoomディスクトップアプリケーションでの参加者の管理 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。