« 参加者とホストの画面共有 | トップページ | Zoomデスクトップアプリでのミーティング中のチャットの使用 »

2020年9月16日 (水)

Zoomディスクトップアプリケーションでの参加者の管理

ここでは、

"The Carroll Center for the Blind"のAccessibility Services Associateである、Heather Thomas氏の著作Getting Started with Zoom Meetings: A Guide for JAWS, NVDA, and iPhone VoiceOver Usersの【Chapter 5: Managing Participants in the Zoom Desktop App】

を参考に、画面読み上げソフトを併用した、「Zoomミーティングの利用方法」について概観していきます。

ミーティング参加者として、参加者パネルウィンドウを使用して、自分自身の名前を変更したり、他の人をミーティングに招待したり、ホストが許可している場合は、マイクをミュート/ミュート解除したり、手を挙げたり下げたりして、ホストに話したい意思があることを伝えることができます。また、ミーティングの他の参加者を確認することもできます。


参加者パネルウィンドウには、パソコンでミーティングに参加するとき、またはiPhoneアプリを使用して参加するときに入力する名前が表示されます。


参加者のリストの最初に自分の名前が表示され、ホストの名前が二番目になります。残りの参加者の名前は、ホストの下にアルファベット順で表示されます。


ただし、参加者が手を挙げると、参加者リストのホストの真下に移動します。参加者の手を下げると、アルファベット順に並べ替えられます。


電話でミーティングに参加した参加者は、参加者リストに電話番号で表示されます。このため、ホストや他の参加者が、ミーティングに参加している人と発言者を特定することが困難になります。


電話を使用する場合は機能が制限されますが、参加者は自分自身の音声をミュートしたりミュートを解除したり、手を挙げたりすることができます。


ミーティングホストは参加者と同じ操作を実行できますが、参加者パネルの追加オプションにもアクセスできます。たとえば、ホストはすべての参加者をミュートする機能を持っています。このアクションを最適に実行する方法の詳細については、「Zoomデスクトップアプリのすべての参加者をミュートする」のセクションを参照してください。ホストがすべての参加者をミュートする場合、参加者が自分自身のミュートを解除することを許可するように選択できます。


主催するミーティング(例えばセミナーなど)で、参加者がうっかりニュー年忘れることも想定して、すべての参加者をミュートすることをお勧めします。


ホストは、手を挙げた参加者を確認したり、参加者パネルウィンドウを通じて個々の参加者とチャットしたり、参加者の名前を変更したり、参加者を待機室に入れたり、参加者をミーティングから外したり、個々の参加者にビデオの開始を依頼したりすることもできます。ホストは、ミーティングをロックして、追加の参加者の参加を禁止し、待機室を有効にし、出入りチャイムを鳴らしたり、参加者'の名前を変更する機能を有効/無効にしたりすることもできます。


待機室機能が有効になっている場合、ホストは参加者全員を「全員に許可する」か、個々の参加者を一度に一人ずつ許可する必要があります。


ミーティング中にホストが主要な講演者となる場合は、ミーティングの期間中、別の出席者をホストにすることもできます。これにより、ホストになった他の出席者は、ミーティングに参加者を参加させることができ、主要な講演者がメッセージの配信に集中できるようになります。

目次



1.Zoomデスクトップアプリでの参加者へのフォーカスの移動と参加者の管理
・Zoomデスクトップアプリで参加者パネルを切り離す
2.Zoomデスクトップアプリのすべての参加者をミュートする
3.Zoomデスクトップアプリでの個々の参加者のミュート
4.Zoomデスクトップアプリで参加者のミュートを解除する
5.Zoomデスクトップアプリで参加者のミュートを個別に解除する
6.Zoomデスクトップアプリで参加者の画面共有を停止する
7.Zoomデスクトップアプリで別の参加者をホストにする
8.Zoomデスクトップアプリの待機室からの参加者の受け入れ
9.Zoomデスクトップアプリでのミーティングのロック
10.参加者パネルを使用して参加者を削除する

Zoomデスクトップアプリでの参加者へのフォーカスの移動と参加者の管理


参加者パネルにフォーカスを移動してそれぞれの参加者を管理するには、「参加者パメル」ウィンドウを開く必要があります。


「参加者パネル」ウィンドウは、Zoomミーティングウィンドウに統合(マージ)されている場合があります。この状態だと、「参加者パネル」ウィンドウを開いて、Tabキーまたは Shift + Tabキーを押していくと、「参加者パネル」の各項目を読み上げた後、「ミュート」、「オーディオ設定」、「ビデオ設定」など、Zoomミーティングのすべての設定項目にフォーカスが移動してしまいます。


これだと、操作上、多少の混乱をきたしますので、「参加者パネル」ウィンドウは、Zoomミーティングウィンドウから「切り離して」使用するのが良いでしょう。


目次に戻る
Zoomデスクトップアプリで参加者パネルを切り離す

参加者パネルがZoomミーティングウィンドウから切り離されている(pop-outされている)かどうかわからない場合は、まずAlt + Uキーを押し、次にF6キーを押します。


F6キーを押したときにフォーカスが、Zoomミーティングウィンドウに移動した場合は、「参加者パネル」ウィンドウがZoomミーティングウィンドウから切り離されています。


何も起こらない場合は、「参加者パネル」ウィンドウがZoomミーティングウィンドウに」統合(merge)」されています。


「参加者パネル」ウィンドウをZoomミーティングウィンドウから切り離すには、次の操作を行います。



  1. Alt + U キーを押して参加者パネルを展開します。
  2. Tabキーを押していって、「参加者」ボタンドロップダウンに移動し、Enterキーを押します。
  3. 下矢印キーを押して「飛び出る」というボタンでEnterキーを押します。

「参加者パネル」ウィンドウを切り離すと、次のコマンドを使用できます。



・参加者パネルウィンドウを開く:
Alt + U
・開いている任意の切り離したウィンドウとZoomミーティングウィンドウを切り替える:
F6
・参加者パネルウィンドウを閉じる:
Esc
・「参加者パネル」ウィンドウ内の各種項目間を移動する:
Tabキーまたは Shift + Tabキー

目次に戻る

Zoomデスクトップアプリのすべての参加者をミュートする


個々の参加者またはすべての参加者を一度にミュートできるのは、ホストのみです。「Zoom」ミーティングウィンドウ内の任意の場所で Alt + M キーを押すと、すべての参加者をミュートまたはミュート解除できます。このコマンドはトグルです。


残念ながら、このコマンドを押しても、音声ソフトはすべての参加者をミュートまたはミュート解除したかどうかについて案内しません。


そのため、すべての参加者をミュートまたはミュート解除するには、「参加者」パネルウィンドウを開き、「すべてミュート」ボタンでEnterキーを押した方が分かりやすいかもしれません。この方法だと、Alt + Mを押す代わりに、以下の操作を行います。



1.Alt + U キーを押して「参加者パネル」を開きます。
2.Tabキーを押して「すべてミュート」ボタンでEnterキーを押します。
3.「現在の参加者と新しい参加者はミュートされます」というダイアログボックスが表示されます。Tabキーを押していくと、「参加者に自分のミュート解除を許可します」というチェックボックスがありますので、必要に応じてチェックをオンまたはオフにしてください。この設定は、後でいつでも変更できます。
※「参加者に自分のミュート解除を許可します」のチェックボックスをオンにすると、参加者自身が自分でミュート/ミュート解除の切り替えができます。
4.Tabキーを押して「はい」ボタンでEnterキーを押します。
5.フォーカスをZoomミーティングウィンドウに戻す場合は、F6キーを押すかEscキーを押して「参加者パネル」を閉じます。

目次に戻る

Zoomデスクトップアプリでの個々の参加者のミュート



  1. Alt + U キーを押して「参加者パネル」ウィンドウを開きます。
  2. 「参加者」リスト内でTabキーを押してから下矢印キーまたは上矢印キーを押して、ミュートする参加者を選択します。なお、リスト内で、Homeキーを押すとリストの一番上に、Endキーを押すと、リストの一番下に移動できます。
  3. Tabキーを押して「ミュート」ボタンでEnterキーを押します。

目次に戻る

Zoomデスクトップアプリで参加者のミュートを解除する


ホストはすべての参加者にミュートを解除するように依頼できます。



  1. Alt + U キーを押して、「参加者パネル」ウィンドウを開きます。
  2. Tabキーを押していって「すべての参加者を管理するためのその他のオプション」ボタンでEnterキーを押します。
  3. 開いたコンテクストメニューで下矢印キーを押して、「全員にミュートを解除するように依頼」という項目でEnterキーを押します。
  4. ミュート中の参加者には、「ホストがあなたのミュートを解除することを求めています」というメッセージが表示されます。ミュートを解除する場合は「ミュート解除」ボタン、ミュート解除を行わない場合は「ミュートのままにする」ボタンでEnterキーを押します。

個々の参加者からの質問やコメントを受け付けるようにするためには、以下の手順で、参加者自身でミュートを解除できるようにする必要があります。



  1. Alt + U キーを押して「参加者パネル」ウィンドウを開きます。
  2. Tabキーを押して 「すべてミュート」ボタンでEnterキーを押します。
  3. 「現在の参加者と新しい参加者はミュートされます」というダイアログボックスが表示されます。Tabキーを押していくと、「参加者に自分のミュート解除を許可します」というチェックボックスがありますので、チェックをオンにします。
  4. Tabキーを押して「はい」ボタンでEnterキーを押します。
  5. Zoomミーティングウィンドウに戻るには、F6キーを押すか、Escキーを押します。

目次に戻る

Zoomデスクトップアプリで参加者のミュートを個別に解除する


ホストとして、参加者全員をミュートにした後、特定の参加者についてのみ、以下の方法で個別にミュートを解除することができます。



  1. Alt + U キーを押して「参加者パネル」ウィンドウを開きます。
  2. Tabキーを押して「参加者」リストボックスにフォーカスを移動し、Enterキーを押してリストを表示します。
  3. 下矢印キーまたは上矢印キーを押して、ミュートを解除したい参加者を選択します。

    この時、Homeキーを押すとリストの先頭に、Endキーを押すとリストの一番下に移動します。
  4. Tabキーを押して「ミュートの解除を求める」ボタンに移動し、Enterキーを押します。
  5. 該当の参加者の画面には、「ホストがあなたのミュートを解除することを求めています」というメッセージが表示されます。ミュートを解除する場合は「ミュート解除」ボタン、ミュート解除を行わない場合は「ミュートのままにする」ボタンでEnterキーを押します。

目次に戻る

Zoomデスクトップアプリで参加者の画面共有を停止する


デフォルトでは、参加者の画面共有を停止できるのはホストのみです。



  1. Alt + U キーを押して「参加者パネル」ウィンドウを開きます。
  2. Tabキーを押して「参加者」リストボックスにフォーカスを移動し、Enterキーを押してリストを表示します。
  3. 下矢印キーまたは上矢印キーを押して、画面共有を停止したい参加者を選択します。

    この時、Homeキーを押すとリストの先頭に、Endキーを押すとリストの一番下に移動します。
  4. Tabキーを押して「(参加者名)のその他のオプション」ボタンに移動し、Enterキーを押します。

    コンテキストメニューが表示されます。
  5. 下矢印キーを押して「参加者の共有を停止」という項目でEnterキーを押します。

目次に戻る

Zoomデスクトップアプリで別の参加者をホストにする


現在のホストだけが別の参加者をホストにすることができ、一度に一人のホストしか存在できません。


有料アカウントでは、一人以上の共同ホストを割り当てることができますが、無料のベーシックアカウントではできません。



  1. Alt + U キーを押して「参加者パネル」ウィンドウを開きます。
  2. Tabキーを押して「参加者」リストボックスにフォーカスを移動し、Enterキーを押してリストを表示します。
  3. 下矢印キーまたは上矢印キーを押して、ホストにしたい参加者を選択します。

    この時、Homeキーを押すとリストの先頭に、Endキーを押すとリストの一番下に移動します。
  4. Tabキーを押して「(参加者名)のその他のオプション」ボタンに移動し、Enterキーを押します。

    コンテキストメニューが表示されます。
  5. 表示されたコンテキストメニューで、下矢印キーを押して「ホストにする」という項目でEnterキーを押します。
  6. 「(参加者名)をホストにしますか?」という確認メッセージが表示されますので、Tabキーを押して「はい」ボタンでEnterキーを押します。
  7. Zoomミーティングウィンドウに戻るには、F6キーを押すか、またはEscキーを押します。

目次に戻る

Zoomデスクトップアプリの待機室からの参加者の受け入れ



1.Alt + U キーを押して「参加者パネル」ウィンドウを開きます。
2.tabキーを押して、「参加者」リストボックスにフォーカスを移動します。
参加者が待機室にいるときは、「参加者リスト」ウィンドウには、「ミーティングに参加中の参加者と人数」、「待機室にいる参加者と人数」が表示されています。
3.一人ずつ参加を許可することも、すべての人をまとめて参加を許可することもできます。
a.一人ずつ参加を許可する場合は、下矢印キーまたは上矢印キーで参加を許可したい人を選択し、Tabキーを押して、「許可する」ボタンでEnterキーを押します。

また、ミーティングに参加させたくない場合に利用できる「削除」というボタンもあります。
b.一度にすべての人を許可する場合には、最初に下矢印キーで、誰が待っているかを確認します。問題がなければ、TabキーやShift + Tabキーを押して、「すべて許可」ボタンでEnterキーを押します。
4.Zoomミーティングウィンドウに戻るには、F6キーを押すか、Escキーを押します。

注:

「待機室」機能が有効になっている場合、特定のユーザーがこのミーティングの待機室に入った場合、

○○さんがこのミーティングの待機室に入室しました。

F6を押してポップアップ画面を表示するか、Alt + Uを押して参加者パネルを開きます

とアナウンスされる場合があります。その場合は、F6 キーを押すと、「許可する」ボタンが現れますのでEnterキーを押します。また、Alt + U キーを押して「参加者パネル」ウィンドウを開いて、入室を許可します。


目次に戻る

Zoomデスクトップアプリでのミーティングのロック


参加者がミーティングに参加するのを防ぐには、全員が参加した後にミーティングをロックします。


ミーティングがロックされると、一度そのミーティングから退出した参加者は、そのミーティングに再び参加できなくなります。



1.Alt + U キーを押して「参加者パネル」ウィンドウを開きます。
2.Tabキーを押して「すべての参加者を管理するその他のオプション」ボタンに移動し、Enterキーを押してコンテキストメニューを表示します。
3.下矢印キーまたは上矢印キーを押して「ミーティングをロック」でEnterキーを押します。
4.以下のメッセージが表示されます。
「ミーティングをロックしています。他の人が参加できません。」
5.Zoomミーティングウィンドウを表示する場合は、F6キーを押すか、Escキーを押して「参加者パネル」ウィンドウを閉じます。Zoomミーティングのタイトルバーには、「Zoomミーティング(ロック済み)」と表示されています。

注:

ミーティングのロックを解除する場合は、「すべての参加者を管理するためのその他のオプション」コンテキストメニューに戻り、下矢印キーを押して「ミーティングをロックする」を選択し、Enterキーを押します。すると、「ミーティングのロックを解除しました。新規参加者は参加できます。」という案内があります。


目次に戻る

参加者パネルを使用して参加者を削除する


ホストのみがミーティングから参加者を削除できます。何らかの理由で参加者を削除する必要がある場合は、「参加者パネル」ウィンドウを使用して削除できます。



  1. Alt + U キーを押して「参加者パネル」ウィンドウを開きます。
  2. Tabキーを押して「参加者」リストボックスに移動します。
  3. 下矢印キーまたは上矢印キーでミーティングから削除する参加者を選択します。
  4. Tabキーを押して「参加者名」の「その他のオプション」でEnterキーを押すと、コンテキストメニューが表示されます。
  5. コンテキストメニューで、下矢印キーを押して「削除」を選択し、Enterキーを押します。
  6. 参加者を削除するかどうかを尋ねるダイアログボックスが表示されます。Tabキーを押して「削除」ボタンでEnterキーを押します。

注:

「セキュリティ」ボタンでEnterキーを押し、開いたメニューで、下矢印キーまたは上矢印キーを押して「参加者を削除」という項目でEnterキーを押しても、参加者を削除することもできます。


« 参加者とホストの画面共有 | トップページ | Zoomデスクトップアプリでのミーティング中のチャットの使用 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。