« パソコンでZoomミーティングを開催する:ミーティングのスケジュール設定/編集/削除 | トップページ | ZoomミーティングでiPhoneアプリのZoomクラウドを使用する(画面共有にVoiceOverの音声を含める) »

2020年10月13日 (火)

パソコンでZoomミーティングを開催する:スケジュールしたミーティングを開始する

ここでは、

"The Carroll Center for the Blind"のAccessibility Services Associateである、Heather Thomas氏の著作Getting Started with Zoom Meetings: A Guide for JAWS, NVDA, and iPhone VoiceOver Usersの【Chapter 3: Hosting Meetings】

を参考に、読み上げソフトを併用した、「Zoomミーティングの利用方法」について概観していきます。

目次



1.スケジュールされたミーティングの開始
2.Zoomデスクトップアプリで進行中のミーティングに人を招待する
3.ミーティングホストのオプション
・「セキュリティ」ボタン
・チャットの制限を設定する
・画面共有ボタン
・レコーディングボタン(ローカル)
・ミーティングの終了

スケジュールされたミーティングの開始



1.Zoomデスクトップアプリにサインインしたら、ページタブを「ミーティング」ページタブに切り替えます。
2.Tabキーを押していって、スケジュールされたミーティングのリストを表示します。
3.下矢印キー、または、上矢印キーを押して開催したいミーティングにカーソルを合わせ、Enterキーを押します。
4.Tabキーを押していって「開始」というボタンでEnterキーを押します。

目次に戻る

Zoomデスクトップアプリで進行中のミーティングに人を招待する


ホストと参加者の両方が、進行中のミーティングに他の人を招待できます。



1.Alt + I キーを押して、「ミーティングに参加する人を招待」ウィンドウを開きます。
2.Tabキーを押して、「連絡先」タブに移動し、必要に応じて、右矢印キー、または、左矢印キーで「連絡先」タブ、または、「メール」タブに移動します。
3.デフォルトのメールアプリケーションを設定している場合は、Tabキーを押して「デフォルトのメール」ボタンでEnterキーを押します。
デフォルトのメールアプリケーションが起動し、メッセージの本文に招待状が表示されています。
招待状には、ミーティングへの参加リンク、ミーティングID、及び、パスコード(必要な場合)が含まれます。
4.デフォルトのメールアプリケーションが設定されていない場合は、Tabキーを押して「招待のコピー」ボタンに移動し、Enterキーを押します。招待の内容がクリップボードにコピーされます。
手動で新しい電子メールを作成し、メッセージ本文に、クリップボードにコピーされた招待の内容を貼り付けます。

目次に戻る

ミーティングホストのオプション


ミーティングを開始すると、「Zoomクライアントアプリ」のウィンドウと「Zoomミーティング」のウィンドウが両方開いています。Alt + Tab キーを押すと、開いているすべてのウィンドウ間を移動できます。


ミーティング中は、さまざまなミーティングの管理を行うために、「Zoomミーティング」ウィンドウを開く必要があります。


ミーティングのホスト(ホスト)は、基本的には参加者と同じ操作が可能ですが、手を挙げたり下げたりすることはできません。その代わり、ホストには、Zoomミーティングウィンドウで利用可能な追加オプションもあります。


ホストが「Zoom」ミーティングウィンドウの各種の設定項目に移動するには、Tab キーまたはShift + Tabキーを押すか、キーボードショートカットを利用します。


目次に戻る
「セキュリティ」ボタン:

このボタンでEnterキーを押すと、「ミーティングのロック」、「待機室を有効化」、「参加者に次を許可: 画面の共有」、「参加者に次を許可:チャット」、「参加者に次を許可:自分自身の名前を変更」、「参加者に次を許可:自分自身のミュートを解除」といったメニューが表示されます。


これらのメニューは、下矢印キー、または、上矢印キーで選択できます。メニュー項目を「確定」するには、これらの項目でEnterキーを入力します。


すると、読み上げソフトは、これらの項目を読み上げた後、続けて「チェック」と読み上げ、この項目が「チェック済み」であることを教えてくれます。


これらの項目が選択されていない場合は、項目名の読み上げの後に「チェック」とは読み上げません。



ミーティングのロック:
この項目でEnterキーを押すと、追加の出席者がミーティングに参加するのを防ぐことができます。参加者がミーティングを離れると、再び参加できなくなります。
「ミーティングのロック」は、「参加者パネル」ウィンドウ内からも使用できます。
待機室を有効化:
待機室が有効になっている場合、ホストは参加者を一度に1人ずつ許可するか、すべての参加者を一度に許可する必要があります。
この項目は、ホストがミーティングをスケジュールしたり、スケジュールされたミーティングを開始前に編集したり、ミーティング中に参加者パネルウィンドウ内から有効にできます。
参加者に次を許可:画面の共有:
この項目を有効にする場合は、Enterキーを押します。
参加者に次を許可:チャット:
この項目を有効にする場合は、Enterキーを押します。
参加者に次を許可:自分自身の名前を変更:
この項目を有効にする場合は、Enterキーを押します。
参加者に次を許可:自分自身のミュートを解除:
この項目を有効にする場合は、Enterキーを押します。

目次に戻る
チャットの制限を設定する:

ミーティングによっては、すべてのチャットを有効または無効にしたり、ホストとのチャットのみに制限したりなど、参加者がチャットできる相手を指定できます。


チャットの制限を指定するには:



1.Alt + H キーを押して、グループのZoomチャットパネルウィンドウを開きます。
2.Tabキーを押して「その他のチャットオプション」ボタンでEnterキーを押し、ドロップダウンメニューを表示します。
3.下矢印キーを押し、「ホストのみ」、「全員パブリック」、「パブリックおよびプライベートのすべてのユーザー」という項目から必要な項目でEnterキーを押します。

目次に戻る
画面共有ボタン:

この項目はホストでのみ使用できます。この項目でEnterキーを押すと、次のコンテキストメニューが開きます。



  • 同時に1名の参加者が共有可能
  • 複数の参加者が同時に共有可能
  • 高度な共有オプション

目次に戻る
レコーディングボタン(ローカル):

このボタンでEnterキーを押すと、ローカルコンピュータへのレコーディングが開始されます。


キーボードショートカットは、Alt + R です。


クラウドへのレコーディングを開始するためのキーボードショートカット(有料アカウントのみ)はAlt + Cです。


レコーディングを一時停止または再開するキーボードショートカットは、Alt + P です。


レコーディングされたデータは、ミーティングが終了すると、MP4に変換されます。


既定では、ファイルは、日付の後にミーティングのトピック名が続くフォルダーに保存されます。この自動的に作成されたフォルダは、ドキュメントフォルダ内のZoomフォルダ内に配置されます。


ホストは、ミーティングのスケジュール時に自動的に記録されるようにミーティングを設定することもできます。


参加者はZoomミーティングでもレコードボタンを使用できますが、ホストにミーティングの記録許可を求める必要があります。


目次に戻る
ミーティングの終了:

ホストは、Alt + Q または Alt + F4 キーを押してミーティングを終了できます。


いずれの場合も、Tabキーを押していくと、「全員に対してミーティングを終了」、「ミーティングを退出」、「キャンセル」と案内されます。


ホストがミーティングを退出することを選択すると、残りの参加者のうち、選択した参加者を「(ホストに)割り当てて退出する」ことができます。ホストに割り当てる参加者は、上矢印キーまたは下矢印キーで選択できます。


« パソコンでZoomミーティングを開催する:ミーティングのスケジュール設定/編集/削除 | トップページ | ZoomミーティングでiPhoneアプリのZoomクラウドを使用する(画面共有にVoiceOverの音声を含める) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。