« パソコンでZoomミーティングを開催する(Zoomによるリモートサポート) | トップページ | パソコンでZoomミーティングを開催する:スケジュールしたミーティングを開始する »

2020年10月13日 (火)

パソコンでZoomミーティングを開催する:ミーティングのスケジュール設定/編集/削除

ここでは、

"The Carroll Center for the Blind"のAccessibility Services Associateである、Heather Thomas氏の著作Getting Started with Zoom Meetings: A Guide for JAWS, NVDA, and iPhone VoiceOver Usersの【Chapter 3: Hosting Meetings】

を参考に、読み上げソフトを併用した、「Zoomミーティングの利用方法」について概観していきます。

目次



1.Zoomデスクトップアプリを使用したミーティングのスケジュール設定
・予定表として「Outlook」を選択した場合
・「Googleカレンダー」を選択した場合
・「その他のカレンダー」を選択した場合
2.ミーティングの編集または削除

Zoomデスクトップアプリを使用したミーティングのスケジュール設定


1.Zoomデスクトップアプリにサインインすると、「ホーム」ページタブ、あるいは、「ミーティング」ページタブからミーティングをスケジュールできます。


2.「ホーム」ページタブからミーティングをスケジュールするには、Tabキーを押していって、「スケジュール」ボタンに移動し、Enterキーを押します。


3.「ミーティング」ページタブからミーティングをスケジュールするには、Tabキーを押していって「ミーティングをスケジューリング」ボタンに移動してEnterキーを押します。表示されているコンテキストメニューで、3つの選択肢から上矢印キー、または、下矢印キーを押して、以下の項目でEnterキーを押します。



a.ミーティングをスケジューリング
手順4以降の説明を参照
b.Outlookからのスケジュール:
この項目を選択すると、新しいミーティング出席依頼ウィンドウが表示され、ミーティングのトピック、日付、及び、開始時刻と終了時刻を設定できます。Zoomのミーティング出席依頼は、メッセージの本文に表示されます。
c.Google カレンダーからのスケジュール:
この項目を初めて選択する場合は、Zoomへの権限の付与など、いくつかのセキュリティ関連の事項に対処する必要があります。

4.「ミーティングのスケジュール」を選択した場合は、「ミーティングのスケジュール」ダイアログボックスが表示されます。フォーカスは「トピック」の編集欄にあり、例えば、「(ユーザー名)のZoomミーティング」などのテキストが入力されています。


招待された参加者が簡単にミーティングの目的を特定できるように、そのミーティングに適したトピックを作成します。


5.Tabキーを押していくと、「開始日 xxxx年xx月xx日,xx:xx ドロップダウンボタン」とアナウンスされます。これを変更するには、以下の2つの方法があります。



a.「開始日 xxxx年xx月xx日,xx:xx ドロップダウンボタン」でEnterキーを押します。
下矢印キー、または、上矢印キーを押すと週ごとに移動し、右矢印キー、または、左矢印キーを押すと日ごとに移動します。
現在選択されている日付がアナウンスされます。Enterキーを押して、選択した日付を確定します。
b.「ドロップダウンボタン」でEnterキーを押す代わりに、もう一度Tabキーを押して、「月」のスピンボックス/ボタンでEnterキーを押します。上矢印キー、または、下矢印キーを押して値を調整します。
次に、Tabキーを押して、「日」のスピンボックス/ボタンでEnterキーを押し、上矢印キー、または、下矢印キーを押して値を調整します。
次に、Tabキーを押して、「年」のスピンボックス/ボタンでEnterキーを押し、上矢印キー、または、下矢印キーを押して値を調整します。

6.Tabキーを押すと、「開始時間」のドロップダウンボタンに移動します。
Enterキーを押して、このドロップダウンボタンを開き、上矢印キー、または、下矢印キーを押して時間を調整します。


7.Tabキーを押すと、「ミーティングの時間」のコンポボックス、「ミーティングの期間(分)」のコンポボックスに移動します。下矢印きー、または、上矢印キーを押して時間を選択し、Enterキーで決定します。


「ミーティングの期間(分)」のコンポボックスでは、設定できるのは、15分単位です。


また、無料のベーシックアカウントでは、ミーティングの期間は40分に制限されています。


8.Tabキーを押して、「定期的なミーティング」のチェックボックスに移動します。ミーティングを定期的に開催する場合には、チェックボックスをオンにします。定期的なミーティングでは、同じミーティングIDと設定を使用します。


ただし、定期的なパターン(日単位、週単位、月単位、年単位)は、Zoom内からは設定できません。


9.Tabキーを押して「タイムゾーン」のコンポボックスに移動します。上矢印キー、または、下矢印キーでタイムゾーンを選択してEnterキーを押して確定します。


10.Tabキーを押して「ミーティングID」に移動します。ここには、「自動的に生成」、または、「個人ミーティングID」という2つの選択肢があり、左矢印キー、及び、右矢印キーで選択できます。


「自動的に生成」が選択されている場合、主催する特定のミーティングのミーティングIDが自動的に作成されます。


「個人ミーティングID」は、Zoomアカウントの新規登録時に個々のZoomアカウント所有者に対して割り当てられる一意の番号です。


あなたの個人的なミーティングIDを知っている参加者は、あなたの個人的なミーティングにいつでも参加することができます。


個人ミーティングIDを使用する際のセキュリティを強化するために、参加者を個別に確認及び許可できるように、待機室機能を有効にするのがいいでしょう。


一般的に、FaceBookやウェブサイトなどでZoomミーティングのIDなどを公開するのは危険性の高い行為です。公共性の高いフォーラムでは、個人ミーティングIDを公開しないようにご注意ください。


11.Tabキーを押して「パスコード」のエディットボックスへ移動します。


12.Tabキーを押して、セキュリティ:「待機室」のチェックボックスに移動します。


このチェックボックスにチェックを入れて「待機室」の機能を有効にすると、参加者をミーティングに参加させる前に確認できるため、ミーティングのセキュリティが向上します。ただし、ミーティングの開始時に、参加者の承認を行う必要があるため、ミーティングの開始が遅れる可能性があります。


ホストが、ミーティングでメインスピーカーになる場合は、ミーティングを開始した後に、別の適切な個人を主催者にすることもできます。新しいホストは、待機室からの招待者の入場承認を行うことができます。この方法を使用することで、ミーティングの効率を損なうことなく、待機室を使用するというセキュリティを強化できます。


有料のアカウントでは、複数の共同主催者を割り当てることができますが、無料のベーシックアカウントでは利用できません。


13.Tabキーを押して、ホスト及び参加者のビデオのオン/オフを設定するラジオボタンに移動します。


参加者は、ミーティングに参加する際と、ミーティング中に自分のビデオをオフにすることができます。


14.Tabキーを押して利用するカレンダー(Outlook、Googleカレンダー、他のカレンダー)を選択するラジオボタンに移動します。


15.Tabキーを押して「詳細ミーティングオプション」に移動します。ここでEnterキーを押すと、


  • ホストより前の参加を有効にする(チェックボックス)
  • エントリー時に参加者をミュート(チェックボックス)
  • ミーティングをローカルコンピューターに自動的にレコーディングする(チェックボックス)

という3つのチェックボックスがあります。


それぞれの項目のチェックボックスの設定が終わったらTabキーを押して「保存」というボタンに移動し、Enterキーを押します。


目次に戻る

上記の手順14で予定表として「Outlook」を選択した場合

「Outlookミーティング出席依頼が表示されます。表示されない場合は、Altキー + Tab キーを押して、ウィンドウを「ミーティングの招待状/カレンダー イベント」に切り替えます。


ここには、タイトル、開始日と終了日時、場所、及び、メッセージ本文が入力してあります。Zoomミーティングの招待メッセージは、編集可能です。


メッセージフィールドの外にフォーカスを移動する場合は、Shift + Tabキーを押して、必要な編集フィールドに移動します。


必須項目に、ミーティングに招待するユーザーのメールアドレスを入力した後、メッセージを送信します。


目次に戻る

上記の手順14で「Googleカレンダー」を選択した場合

そのGoogleカレンダーを管理しているGoogleアカウントにログインするように求められます。ログインすると、Googleカレンダーと連携するために必要な情報をZoomに渡すことを確認し、「許可」のボタンでEnterキーを押します。


他のユーザーとGoogleカレンダーを共有する場合は、Googleカレンダーの共有設定を行います。


その操作方法は、ご利用の読み上げソフトによって、若干異なります。


【PC-Talkerをご利用の場合】

1.パソコンで Google カレンダーを開きます。
2.Tabキーを押していくと、ページの左側にある「マイカレンダー」に移動します。
3.下矢印キーを押して、共有するカレンダーに移動し、さらに下矢印キーを押して、「オーバーフロー」という項目に移動してEnterキーを押します。次に「[設定と共有」という項目でEnterキーを押します。

NVDAをご利用の場合

1.パソコンで Google カレンダーを開きます。
2.Tabキーを押していくと、ページの左側にある「マイカレンダー」に移動します。
3.下矢印キーを押していって共有するカレンダーに移動したら、NVDA + Space を押して「フォーカスモード」に変更後、Tabキーを押して「オーバーフロー」という項目に移動してEnterキーを押します。次に「[設定と共有」という項目でEnterキーを押します。

以下の操作は共通です。



4.Tabキーを押していき、「ユーザーを追加」というボタンでEnterキーを押します。
5.「メールアドレスまたは名前を追加」のコンボボックスが現れますので、カレンダーを共有したい人のメールアドレスを入力します。
6.プルダウンメニューを使用して権限設定を変更した後、「送信」ボタンでEnterキーを押します。
7.「予定の通知」という項目があらわれますので、必要に応じて、設定します。
8.メールで送信したリンクを相手が開くと、このカレンダーが相手のカレンダーリストに表示されるようになります。

目次に戻る

上記の手順14で「その他のカレンダー」を選択した場合


a.Tabキーを押していって、「クリップボードにコピー」ボタンでEnterキーを押します。
ミーティングへの参加リンク、ミーティングID、パスワード (必要な場合)、電話番号(使用可能な場合)を含む、ミーティング出席依頼のテキストがクリップボードにコピーされます。
b.メールの本文に招待テキストを貼り付けて、参加者に通常の電子メールで送信します。

目次に戻る

ミーティングの編集または削除



1.Zoomデスクトップアプリにサインインしたら、ページタブを「ミーティング」ページタブに切り替えます。
2.Tabキーを押して、スケジュールされたミーティングのリストを表示します。
「ミーティングトピック●●のZoomミーティング;ミーティング時間……」
という項目で、下矢印キー、または、上矢印キーを押すと、これまでにスケジュールしたZoomミーティングのリストが表示されます。
3.編集、または、削除したいZoomミーテイングにカーソルを合わせてEnterキーを押して選択します。
4.ミーティングを編集するには:
a.Tabキーを押していって、「ミーティングを編集」というボタンに移動しEnterキーを押します。
b.Tabキーで項目間を移動し、必要な変更を行います。
c.変更が終了したら、Tabキーを押して「保存」ボタンでEnterキーを押します。
5.ミーティングを削除するには:
a.Tabキーを押していって、「ミーティングを削除」というボタンでEnterキーを押します。
最近削除したページから、削除したミーティングを最大 7 日間回復できることを示すダイアログ ボックスが表示されます。
b.Tabキーを押して「はい」ボタンでEnterキーを押します。

« パソコンでZoomミーティングを開催する(Zoomによるリモートサポート) | トップページ | パソコンでZoomミーティングを開催する:スケジュールしたミーティングを開始する »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。