« iPhone/iPadの「ダークモード」 | トップページ | 簡単録音アプリ「ボイスメモ」 »

2021年9月15日 (水)

iPhone/iPadのローター操作

iPhone/iPadをうまく利用していくためには、ローターと呼ばれるジェスチャー操作を使いこなせるようになる必要があります。


ローター操作は、二本の指で画面上に円を描く操作をすることで、モードを切り替えていくというジェスチャー操作です。


いろいろなやり方があるのですが、例えば片手でやる場合には、親指を画面に置いて、人差し指で円を描くように操作するとか、両手を使って、片手で片方の指を画面に置いて、もう一方の手で円を描く、などの操作を行います。


ただ、このジェスチャー操作は、それほど簡単な操作ではありません。


というのは、片手でやるにしても両手てやるにしても、グルっと一周円を描くことは難しく、最終的には、デバイス本体ごと回す必要があったりして、かなり慣れの必要な操作となっています。


ここでは、そんなローターのジェスチャー操作を確実に行うための工夫を二つほど紹介します。

ローター操作の補助としてペットボトルのキャップを利用する


日本ライトハウス情報文化センターの YouTubeチャンネル、「ニポラチャンネル」の第33回 iPhoneローター操作のやり方 - YouTubeには、ローター操作の補助として、ペットボトルのキャップを利用する方法が紹介されています。

VoiceOverタッチジェスチャーのカスタマイズ機能を利用する


日本点字図書館が毎月発行している、音声デイジー版の「にってんデイジーマガジン2021年9月号」に収録されている「ホームライフ」という冊子の「アクセシビリティコラム」で、やまさんの森のサイト制作・運営を行っている「やまさん」が、iOS13から導入された、「VoiceOverタッチジェスチャーのカスタマイズ機能」を利用して、「ローター操作」のジェスチャーを二本指の左右スワイプに割り当てる方法を紹介しています。


以下、操作の概要です。



  1. 「設定」→「アクセシビリティ」→「ボイスオーバー」→「コマンド」→「タッチジェスチャー」と順に開きます(シリに「ボイスオーバーの設定開いて」と伝えてもOKです)。
  2. ここの画面には、今現在設定されているジェスチャーの一覧が表示されています。
  3. 右にスワイプしていって、「二本指 スワイプ」の見出しのところにある「二本指で左にスワイプ ボタン」をダブルタップします。
  4. ここの画面には、項目が130近くあるのですが、この中からローターの項目を探します。70行目あたりにありますので、三本指の上スワイプ(下にスクロール)ジェスチャーを交えながら探していくと多少見つけやすくなるかもしれません。
  5. 二本指の左スワイプなので、「前のローター」に動作を割り当てます。「選択中の二本指で左にスワイプ 前のローター ボタン」をダブルタップします。
  6. 続いて、「二本指で右にスワイプ ボタン」をダブルタップし、こちらの方は「次のローター」に動作を割り当てます。「選択中の二本指で右にスワイプ 次のローター ボタン」をダブルタップします。

以上で、二本指の左右スワイプにローター操作のジェスチャーを割り当てることができます。


« iPhone/iPadの「ダークモード」 | トップページ | 簡単録音アプリ「ボイスメモ」 »

iOSアプリ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。